漢方医師の30代の求人は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 漢方医師の30代の求人は?

漢方医師の30代の求人は?

医師で30代という年齢は、研修期間が終わり一人前の医師となって数年という時期です。特に漢方医師としてはまだまだ駆け出しの段階という認識も多いでしょう。しかし、気力も体力も充実し20代のころより知識も経験も増えているうえに、医療の現場に対しても大局的な視点に立てるようになっている時期ですから、転職には適しています。実際、どの医療機関でも30代という年齢なら需要は非常に高いです。また、現在の職場より待遇アップする可能性もあるので、思い切ってチャレンジするにはいい年齢です。

医師の全年齢における平均年収は約1200万円とされています。ただ、この数字は20代の研修医も50代・60代のベテラン医師も含めての平均です。30代前半ならまだ平均年収に届かないことが多く、1000万円前後が目安になります。漢方医師の求人数はごく少数で十分な年収データが出ているわけではないのですが、漢方医師といえど医師免許を有しそれなりの臨床経験を積んでいることには変わらないので、一般の医師と同程度の収入は得られると考えられます。逆に、西洋医学だけの医師ではなく、漢方の知識やスキルを兼ね備えているのだから、一般の医師より有利な収入や条件であるべきと考える方もおられるでしょうが、現状はそうではありません。総合病院の場合、漢方内科のような漢方の独立した診療科目があるところでも、結局は、その他の皮膚科や眼科と同じく一つの診療科目に過ぎませんから、収入はその他の診療科目の医師と同程度というところが多いです。個人で運営する漢方クリニックのようなところでは事情は違いますが、個々により給与や待遇はばらばらなので、一概にこちらの方が有利というわけではありません。

収入面に関しては以上ですが、漢方医師として転職を成功させるには、なによりもまず漢方を扱う求人を探さなければなりません。30代は需要が高いといっても、漢方医師の求人の絶対数は一般の医師のそれと比べると圧倒的に少数ですから、あまり収入や条件にこだわっていると転職先が見つからなくなってしまいます。ですから、あまり条件面にはこだわらず、できれば地域も限定せずに、広く求人情報を集めることが大切です。漢方医師で30代という年齢は、まだまだ学んでいくことが多く、勉強や研修はかなり必要です。そのためには適切な指導をしてくれる人がいるところの方が良いでしょう。それを考えると、小規模の病院で漢方医師が自分一人というところよりも、先輩の漢方医師がいる大きめの規模の医療機関の求人にしぼるのも一つの方法です。

漢方医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 漢方医師求人ガイド All Rights Reserved.