漢方医師の資格は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 漢方医師の資格は?

漢方医師の資格は?

漢方に精通しそれに関する専門的医療を提供するのが漢方医師です。ただし、「漢方医師」という国家資格があるわけではありません。とはいえ、漢方に詳しければ誰でも漢方医師を名乗れるわけではなく、日本の医師免許があることが漢方医師の必須条件となります。要は、漢方医師とはそれだけで独立した分野ではなく、専門医や認定医と見るのが適切だということです。

漢方医師は、漢方専門医と漢方認定医の2種類に分かれます。漢方専門医となるには、医師免許を取得し6年以上経過していることと、日本東洋医学会に入会しており、会員を3年以上継続していることが最低条件です。その後、研修を通じて所定の単位を取得し、専門医試験に合格すると日本東洋医学会認定の漢方専門医を名乗ることができます。漢方認定医は、医師免許を取得し3年以上経過しており、同時に日本東洋医学会に会員として3年以上在籍していることが条件で、研修で所定の単位を取得し、認定医試験に合格すると漢方認定医を名乗ることが許されます。専門医試験に合格すると「漢方専門医」として広告を掲げることが可能ですが、認定医は広告不可です。いずれにせよ、漢方医師になるには医師として数年の経験が必須ですので、それほど容易になれるものではありません。

漢方専門医や認定医の資格を取得しただけでは、まだ漢方医師として活躍することは難しいでしょう。専門的な知識はもとより、あらゆる症例を瞬時に見極め、それぞれに適切な医療を提供できるだけの経験も求められます。

漢方とはもともとは中国の伝統医術であり、日本にも古来より広く普及していた医術ですが、西洋医学が全盛の近現代においては、科学的客観性において若干低くみられる風潮があったことは否定できません。一般の人のなかには、おまじないみたいなものだと誤解している人も多いでしょう。しかし、漢方医学の有効性は科学的に証明されており、最近では大学の医学部のなかにも漢方医学を学べるところが増えてきました。こういう状況を考えると、漢方専門医や認定医という権威ある医療機関に認められた資格を持っていることは、患者の信頼を得るためには非常に重要です。

最近では、各地で漢方薬局をよく見かけるようになりました。しかし、漢方医師の数はまだまだ多くありません。漢方医師は医師であるため、薬剤師にはできない触診が可能です。これから漢方の専門家を目指す人にとって、この医師としての特権は漢方の世界で活躍するうえで非常に有利になるでしょう。

漢方医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 漢方医師求人ガイド All Rights Reserved.